MENU
人気

オーブン用シリコンマット、ドゥマール シルパットを使ってみた!

こんにちは、あいちゃんです。

最近、クッキーやパンを焼くのにハマっています!でもクッキングシートを毎回使い捨ててるし、なんだか勿体無いな…

と思っていたらドゥマールのシルパットという素晴らしいものに出会ったのでご紹介します。

お菓子・パン作りの味方!ドゥマール シルパット

最近のあいちゃんのお菓子・パン作りブームを密かに支えてくれているのがこちらのシルパットさん。

クッキーなどを焼くときに敷くクッキングシートとして使えるのはもちろんのことですが。

なんとシリコンでできていて、これ自体が滑り止めのようになっているのでパン作りのときののし台としてももってこいです。ほんとに滑ったり剥がれたりしない。

生地離れがいいので、カードで切り分けたり丸めたり、かなり成形しやすいです。

しかも洗って繰り返し使えて経済的!ヒューヒュー!

でも〜、お高いんでしょう〜?

はい。380mm×290mmなら1枚約3,000円で買えます。

うーん、クックパーなど使い捨てタイプと比べたらそりゃあ高いです。

でもゴミも出ないし、耐久性も良いし正直値段分以上はあります。

ちなみにうちのオーブンは2段焼きができるので天板の数にあわせて2枚買いました。

↑使わないときは丸めて収納できます。省スペースはかなり嬉しい。

シルパットって、カットして使ってもいいの?

このいいとこだらけのシルパットさん、フランス生まれなのですが

実は日本のオーブンで使うには少々大きすぎるのです。。

天板に合わせて折り曲げて使ってもすぐに浮いてきて、

クッキーがくっついて焼けたり、曲がって焼けたりしちゃうんですよね。

天板にのせるとどうしても浮いてきてしまうシルパット…天板にのせるとどうしても浮いてきてしまうシルパット…

カットして天板の内側のサイズに合わせた状態で使いたい方も多いかと思います。

しかし!このシルパットはシリコンの中にグラスファイバーが入っているので、

適当なところでカットしてしまうとほどけてきてしまいます。

もしどうしてもカットするのであれば、周りの色付きの部分は少し丈夫なので、

色の付いている部分を5ミリ以上は残して切った方がよさそうです。

カットしない方が長もちします。

カットしなくて済む方法もあります!

それは・・・

天板を裏返しちゃいましょう!!じゃーん!

天板をひっくり返せばちょうどいい!天板をひっくり返せばちょうどいい!

裏返した上にシルパットを乗せるとあら不思議!

これがなかなかちょうどいいサイズ感なんですよ!

これなら焼いている間にクッキーが滑ってきてくっついたりしません!

私も今日これに気がつきました。

今まで私はなんと無駄な格闘をしていたんだ、とほほ。

最後にご注意

えー、私は不注意でやってしまったのですがみなさん。

下の写真をごらんくださいませ。はい。

 

どうです?切り込みが入ってるでしょう?

これね、ピザを焼いたときなんですけどね。

ピザをこれにのせたまま包丁でザクッと切っちゃったんですよ。

そしてこのざまですよ。

シルパットの説明書には書いてあるのでご存知の方もいらっしゃるかとは思いますが

みなさん、どうか、シルパットの上で鋭利な刃物などをご使用にならないでください。

私の二の舞にはならぬよう、ご注意くださいませ。