【読書感想】高橋由太「新選組ござる」

こんにちは、あいちゃん(@ai1860)です。

最近やっと少しずつ読書をする余裕が出てきて、本をたくさん買いました。

ただ読むだけではつまらないので、アウトプットの練習として、一冊読了ごとに読書感想文をアップすることにしました。

今日は高橋由太さんの「新選組ござる」について書きます。

読んだ期間:10月10日〜10月12日、通算80分

この本について

新選組ござる 表紙の画像

タイトル:新選組ござる

著者:高橋由太(たかはしゆた)

定価:本体490円(税別)

ISBN:978-4-10-127067-8

あらすじ:実家はインチキ拝み屋。ご先祖様は江戸妖怪の総大将ぬらりひょん。14歳の市村鉄之助は剣の才能皆無なのに、愛犬モモと共に新選組に入隊。源義経の亡霊に取り憑かれて滅法強い剣士と化す。将軍家の重大な秘密を握るため、暗殺者に狙われる沖田総司を絶対に守ってみせる!ご先祖様のお仲間の、お歯黒べったり&お岩さん・お菊さんも大きに応援。新感覚書下ろし時代小説、堂々開幕。

文字数:約120,000字

読了目安時間:1時間〜2時間

作者について

作者の高橋由太さんは、時代小説・歴史小説家で、他にもたくさんの作品を生み出しています。

「もののけ本所深川事件帖シリーズ」や、「猫型妖怪もののけ時代劇びりびりシリーズ」など、シリーズものがよく出版されているようです。

私は「ぽんぽこシリーズ」の「ちょんまげ、ちょうだい」「ちょんまげ、ばさら」を読んで、好きになりました。

高橋由太さんの作品については、時代小説とミステリー小説と冒険小説を足して3で割って、ほんわかした癒しのタッチでまとめられているな、という印象です。

高橋由太さんも、藤沢周平さんや池波正太郎さんのファンらしく、勝手に親近感がわいてしまいました。どことなく藤沢周平さんの作品に雰囲気が似ている気がします。

この本の印象

・ページ数もページごとの文字数もあまり多くなく、1時間半くらいでサクッと読める短編小説。

・時代小説ではあるけど、現代的な言い回しも多く、読みやすい。

・文体は堅苦しくなく、時代小説ではあるけれど、限りなくライトノベル寄りだと思う。

・登場人物のイケメン率が高く、どちらかというと女性向けの内容?

・コメディ色が強く、恋愛要素は少なめ。ゼロではない。ほんのり。

・歴史用語的なものが多々出てくるけど、あくまでファンタジーなので、歴史ガチ勢にはおすすめできない。

見どころ

この本の見どころを、一応ネタバレしない程度に紹介します。

主人公の心が強い

最初から最後まで、全体を通してさまざまな苦境が主人公の鉄之助を襲います。

普通の人なら、心が折れたり泣き寝入りしてしまうところですが、鉄之助はそれをバネにして一歩先へ行きます。

心が鉄のかたまりで出来ているのでは?と疑うほどにはアイアンハートです。鉄之助だけに。

こういう心持ちで生きていけたら、決して楽ではないだろうけど、きっと楽しいだろうなと感じます。

謎の行動力

鉄之助は心も強ければ、行動力もすごいです。

序盤からすでに苦境で、家業のことで村の人々から蔑まれます。そこで見返してやる!と言って取った行動が、新選組に入ることでした。

さすが中学生男子というか。ポジティブというか。入隊できること前提で田舎を飛び出してしまうところがすごいです。

その後も、「そこでそう出るか?!」と言いたくなるような行動が連続し、物語は意外な方向に展開します。

驚きのイケメン率

登場人物の8割(体感)がイケメンです。

小説って、当たり前ですが文字しかないので、人の見た目とかは大体文章を読んでこちらで想像するしかないわけです。

この本の中では、登場人物の見た目について詳しく描写してあります。

顔について言及がなかったのは鉄之助と黒幕(仮)ぐらいではないかな?という感じです。

イケメン8割、美少女1割、鬼顔1割って感じです。

圧倒的主人公力

多少いじられ体質ではあるものの、主人公らしく周りから愛されるタイプの鉄之助。

鉄之助がからかわれているときは、読んでいるこちらまで一緒になって憤慨してしまうほど、感情移入できるキャラクターです。

自分とは性格も性質も全然違うのに、ここまでシンクロして読める主人公は多くはありません。

まとめ

アイキャッチ画像

最初から最後まで、鉄之助と一緒に一喜一憂した一冊でした。

個人的に、愛犬の名前がモモというところに親近感を覚えました。(実家の犬の名前がモモ)

次は、続編にあたる「新選組はやる」を読む予定です。

続きがとても楽しみです!

ネタバレ注意!読書中の感想メモ

読みながら箇条書きしたメモを晒します。

興奮しながら書いてるので支離滅裂です。

解読できる限り原文ままです。

ここからはネタバレを含みます。

未読の方、ネタバレが苦手な方はご遠慮ください。

既読の方、ネタバレばっちこい!な方はよろしければそのままどうぞ。

読書メモ1

5p〜26p 10分

・家柄とか職業とかについて悪口言ってくる人いるよね…

・それにしても「拝み屋ぬらりひょん」はうさんくさすぎ

・父母をなくしても気丈に振る舞ってて健気

・婆ちゃんとおつるマジ天使

・天使いじめるのいくない

・絶対武士になって見返してやる!ってやっぱ心が強い

・犬の名前モモに親近感

・沖田さん飄々としてる、適当すぎ…めちゃからかってくるやん…

・土方さんもしかして普通に優しい人?無礼すぎて斬られるかと思った

読書メモ2

26p〜49p 10分

・沖田さんが抜けてからの展開の疾走感がやばい

・あれよあれよという間にピンチに…!

・近藤さんと土方さんが死んじゃってショック

・龍馬も死んだ…!!

・岩倉?板倉?板垣??(名前なんだっけ)があやしい(岩倉が正解)

・山田流居合術使ってくる子供こわすぎ

・薄緑(膝丸)を形見のつもりか守り刀のつもりかしらんけどもらった

・まって!?薄緑から声が…?!

・シャァァベッタァァアアア!!!?!?

・馬から落ちるし官軍につつかれるしボロボロ…→からの快進撃

読書メモ3

50p〜72p 10分

・彦五郎さんめっちゃいい人

・ここにきて近藤さんと土方さん、沖田さんが幼馴染と発覚

・ていうかしゃべったの薄緑じゃなくてそれにとりついてた源義経!!

・またの名を九郎

・てか九郎とモモしゃべれるんかい

・鉄之助のぬらりひょんの血の信ぴょう性が高まる…

・道場の師範倒したら師範から師範と呼ばれることに…??

・うっとうしくて逃げ出すのわらう

・元師範悪いやつじゃないと思うけど今までいばりすぎて媚びへつらうの下手すぎか

・鉄之助が我慢というか冷静に保つようにしてるのすごい…けど九郎ー!!九郎短気やな

・てか犬(モモ)牛鍋屋入っていいんだね…

読書メモ4

72p〜108p 10分

・沖田さん改め総司にいいようにおちょくられる鉄之助…いつも割を食っている…

・へこむだけじゃなくて、自分が困ったときとにかく行動できる鉄之助

・しかしその行動でピンチに…

・お歯黒べったりこわすぎ

・ただの男色家なら手当たり次第なんてないだろうけど、妖怪だから人間の倫理観が通用しないし、妖怪にとって人間って食べ物?かもしれないからいきなりおそってくるんだろうな…

・でもおかげさまでオカマこわい…

・「女より男にもてる鉄之助」

・ぬらりひょんの子孫確定ー!!

読書メモ5

108p〜144p 10分

・らいすかれいおいしそう…アイスクリンもおいしそう…

・鉄之助がひたすらかわいそう…

・九郎とモモはもう少し鉄之助のこと考えてあげて…

・妖怪を家に上げたと思われるのはよくて、オカマ引っかけたと思われるのはダメなんかい

・ケツ之助と呼ばれてしまうことを心配する鉄之助

・新選組時代は呼ばれたことなかったのかな?

・どこかずれている鉄之助

・しかしやはりお芳さんには見えてない

・お芳さんに店貸してって頼んだときはわざわざ姿見せて頼んだのかな?

・蕗ちゃん…そいつと仲良くしちゃダメー!!

・蕗ちゃん行方不明…

・山田少年許すまじ…土方さんの仇…!!

・ぶっ殺してやるとはまた急に物騒…

・九郎なしでどうするのか…

・相馬さん…一体何を考えているのか…

・田舎帰るとこねえし…

・相馬さんも総司も新選組終わらせたがってる…なんで…

・鉄之助にめっちゃ感情移入しちゃう

読書メモ6

144p〜174p 10分

・山田吉亮っょぃ…お経となえると動けなくなるのなんでなん?

・初めて人殺した12歳から成長しないのなんでなん?

・人いっぱい殺してきたのに目の前で切腹されてビビるよしふさ…

・たしかに新選組に入ったら最強だったろうし、精神的にも悪くならなかっただろうな…新選組は気の良い兄ちゃん達ばっかだったし…明るかったろうな…

・鉄之助斬られた…

・相馬さん何化けて出てきとんねん…レギュラー化か?と思ったら、成仏前なのね…てことは少ししか話す時間ないじゃん…

・鉄之助がぬらりひょんの子孫だから幽霊見えるけど、これが見えない人だったら普通に詰むよね…

・沖田さんの秘密とは!?労咳じゃないん…てか男ではないって何??女なの??妖なの??

・まって?もし女だったらくそ重い刀を平気で振り回すイケメンゴリラ女なんだけど…え?どゆこと?気になるところで終わっちゃった…

・沖田に懐く黒猫

・勝手にどっかいく九郎とモモ

・よく人とケンカする鉄之助をうらやましがる蕗ちゃんかわゆす

・おちょくられてるけどちゃんと好かれてるよなー

・鉄之助から避けられてること知ってる相馬さん…

・鉄之助…相馬さんはお前を嫌いで言ってるわけじゃないんやで…逆や逆…大事に思ってるから田舎に帰ってほしいんよな…

読書メモ7

174p〜200p 10分

・やっぱ女だったのか〜…沖田さん…しっかし…女とわかってからもやっぱり食えない人だな…と思っちゃう

・男より強い女…しかもイケメン…

・近藤さんと土方さんより10も下なんだ…

・床を叩き壊す系鬼剣士近藤

・薬売り系鬼イケメン土方

・病弱装い系細腕イケメン剣豪沖田(女)

・土方さんは河童の家系なのかな?

・酒に薬混ぜて飲ませる土方さん

・勝海舟キター!!

・人を疑いまくる土方さん

・えらい人に嫁入りしてくれと頼み込まれるイケメン(男装)…・この場面、総司が女だと知らない人が見たら「あ、えらい人実は男色…?」って思われるのでは?

・政略結婚カワイソス…

・また出たか岩倉具視!!こいつが一番あやしい

・みんな被害者

・土方さんのお嫁に行くのか?

・てか幼馴染同士の甘酸っぱい恋?的なのないの?きみたち…

・少しいいふんいきだったじゃんよ…

読書メモ8

200p〜ラスト 10分

・替え玉〜!?

・和宮様と総司が瓜二つなんてそんな都合のいい話が!?

・でも総司なら自分の身を自分で守れるし…

・大奥に入る日々、たいくつそう…

・そりゃそうだよね、軽い身のこなしでぴょんっとかやっちゃうよね、育ちがね…

・ダブルフェイスいそがしそう

・やっぱり2人の間には淡い恋心があったのでは…!?

・鬼のようなイケメンが自分にだけ優しかったら好きにもなりますよね…

・てか新選組が軒並み超有名刀佩いてたのって替え玉やったからなのか…!

・にしても勝海舟もその刀たちどこから持ってきたんや…

・公開プロポーズ鉄っつぁん

・総司の前で普通に九郎(とモモ)に話しかけて不思議がられる鉄之助…

・総司に嘘つかれても普通に助けに行く鉄之助

・鉄之助の体では九郎の動きについていけない…!もっと鍛えろ!!

・吉亮は12歳の体だから相手が剣の腕が同じくらいだと、年上の女には勝てるけど、同年代の男(体は年相応)には勝てない…膂力が違うから…

・てか…助っ人!!おまえかよ!!しかも遅い!!

読書メモの写真

こんな感じでボールペンで殴り書きしてました。

お粗末様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。