バレットジャーナルを始めたくなった

こんにちは。大変ご無沙汰しておりますあいちゃんです。突然ですが、この度バレットジャーナルなるものを始めてみようと思ってアマゾンで色々買いました。10000円分ぐらい。先日無事に第2子を出産してきたので自分へのご褒美みたいな感じです。形から入りたいタイプなのでペンから何から欲しいものを全部買いました。まだ届いていませんが、今日はそういう話です。

バレットジャーナルを始めたくなったきっかけ

きっかけは、妊娠中(切迫早産で入院中)にみたyoutubeの動画でした。普段ゲーム実況とかばっかり見てるあいちゃんですが、オススメの動画のところに手帳術の動画が出てきたことがありました。関連動画をどんどん辿っているうちに、バレットジャーナルのメイキング動画に出会いました。すみれさんという方のこちらの動画です。

自分でレイアウトを考えたり、必要な項目だけ作れるって素晴らしい!と感銘を受けてすぐすみれさんのサイト(わたしのバレットジャーナル)を見に行きました。

手帳大好きなのに手帳を活用できたことがない

100均のマンスリー手帳

わたしは文房具大好き星人なので、ペンやノート大好き。もちろん手帳も大好きです。ほぼ毎年システム手帳などを買ってしまうのですが、何しろ元来暇人であり引きこもりでもあるので予定という予定が全くなく、日記をつける習慣もないので書き込むことがありません。カバーに惚れ込んでほぼ日手帳を買ったりキャラクターに惚れ込んでマンスリー手帳を買ったりしても、ほぼ白紙のまま次の年になってしまうことがザラ。もったいないので、ここ2年ほどは100均のマンスリー手帳で済ませていました。そしてパートの休みの日に丸をつけ、保育園の行事を書き込むだけ。何と味気ないことでしょうか。

妊娠中に万年筆にハマった

妊娠中(入院前)に、ふと万年筆が欲しくなりました。でも初めてだし使い方もよくわからないので、夫にパイロットのカクノという超入門用の万年筆を買ってもらいました。子供でも使えるように説明文もやさしく、見た目もとてもキュートで可愛いので、何でもいいから文字を書きたい!!という気持ちになっていました。

なっていたのですが。急遽切迫早産で管理入院することになり、診察とトイレと食事以外は寝ていなさい、という指示が出ました。そんな…せっかくハマったところなのに書き物NGとは…。ということで書きたいのに書けない、というフラストレーションが溜まっていたところで出会ったのがバレットジャーナルでした。

めっちゃいろいろ買った

出産して退院したら絶対バレットジャーナルを始めるんだー!という強い意志を持って、わたしのバレットジャーナルを参考に買いたい・使いたいツールを入院中にメモしておきました。そしてやっと産後1ヶ月経って体調もよくなり、生活のリズムもだんだん安定してきたので、ついにバレットジャーナルグッズ購入のGOサインを自分に出しました。

ノート

まずはバレットジャーナルをつけるためのノート。おすすめだと書いてあったので、ロイヒトトゥルム1917というバレットジャーナル用として人気のノートにしました。ドット罫で自由度が高く、何と隅にページ番号が振ってあるらしいです。ページ番号振ってあるノートは珍しいですね??わたしが知らないだけで、よくあるものなのかな??カバーが丈夫で長持ちしそうなのもいいですね。カラバリがたくさんあってめっちゃ悩みました。どこにでも売っているわけではないようなのですが、アマゾンにあったのでよかったです。アマゾン無敵ですね。

ペン

枠線を書いたりするのにオススメのペンとして挙げられていたのが、サクラクレパスのピグマ。なんでも、蛍光ペンなどで上から書いても滲みにくいらしいです。素晴らしい!わたしはよく書いた後すぐ触って汚したり、手汗で滲ませてしまったりするので、もしかしたら汚さずに書けるかも??と期待しています。書いてて気づいたけどこれって漫画家がよく使ってる、いわゆるミリペンってやつなのかな?期待度MAX!!わたしは0.1、0.3、0.5の3本セットを買いました。

色をつけたり見出しを書いたりするのにオススメっぽいペンが、ゼブラのマイルドライナー。妊娠前はこの全色セット買うぞー!と意気込んでいたのですが、産後落ち着いて見ると、色があんまり好みじゃなかったので見送りました。使い勝手は超いいらしいのですが。またそのうち検討します。どうしても欲しくなったら買おう。

逆に妊娠中は圏外だったのに産後いきなり欲しくなったのがトンボのデュアルブラシペン。パステルカラーが使いやすそうでどうしても欲しくなってポチってしまいました。わたしが筆ペンで文字を書くのが苦手というのはこの際置いておいて…。そう、これから慣れればいいんです!慣れれば得意になるのでは!?(錯乱)

万年筆用のインクとコンバーター

パイロットのiroshizukuというシリーズのインクがずっと欲しいなーと思っていたのですが、とうとう買ってしまいました。入院中と産後、合わせて3ヶ月ぐらいカクノを放置していたらインクが乾いて無くなってしまったから買わないと書けないけど、せっかくならカートリッジじゃなくておしゃれな色のインクが欲しい!と思ったので。正直コンバーターとか使い方全くわからんけど、カクノの説明書に丁寧に書いてあったから多分いけるはず!と見切り発車しました。いいよね。何でもやってみないとわかんないよね。

マスキングテープ用のカッター

カルカットというテープカッターがあって、夫がセロテープ用のものを持っているのですが、切り口がまっすぐ!!で驚きます。その切り口がまっすぐになるテープカッターのマスキングテープ用があるみたいで、すぐ買いました。バレットジャーナルにマスキングテープ使いたいけど、手でちぎったりハサミで切ったりするの面倒だな…と思っていたので。何だろうこのズボラ根性…。いいんです、何でも、楽な方が、ね。

デスクオーガナイザー

バレットジャーナルに使うノートとかツールを、全部ひとまとめにして収納とかできたら楽だなーと思って買いました。ここでもズボラ根性が出ましたが…全部バラバラに置いておいて、使うときだけかき集めて持ってくるのって大変だと思いませんか??わたしは思います。家の中のどこでもバレットジャーナルが書けたら楽しそうなので取っ手がついてて持ち運びできそうなものを選びました。決まった作業スペースがないとも言える…。

まとめ めっちゃ楽しみ

昨日アマゾンで注文したばかりなのでまだ届いていませんが、考え始めてから注文するまでが相当長かったので、もう既にやりきった感があります。(早すぎ)早く届かないかな〜。

三日坊主とよく言いますがわたしは3日続けばまだいい方なので、何か始めるときはいつも、続くかな…と不安になります。だけどバレットジャーナルは途中で休んでしまっても、また好きなときに始めることができるらしいので、安心かも。なんでも、バレットジャーナル界?には「Don’t quit, rest.(やめるな、休め)」という言葉があるそうで、「途中でやめちゃったからもうできないな…」と思ってしまいがちなわたしにぴったりな気がしました。

早く届かないかな〜(2回目)。

それでは、全部アマゾンで買った出不精の人、あいちゃんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。